血中コレステロールを下げる方法

血中コレステロールを下げる手軽で効果的な方法とは?

    

年に一度の健康診断や人間ドック。

そこで血中コレステロールが高いと診断されたことはありませんか?

血中コレステロールを下げる手軽で効果的な方法とは?

 

最近は、中高年だけでなく若い人の中にもコレステロールが高めの人が増えてきているようです。

これは洋食中心といった食生活の欧米化が進んだことと、運動量の低下が主な原因です。

 

血中のコレステロールが高くなると、さまざまな病気を引き起こす要因となってしまいます。

血管にコレステロールがたまると「高脂血症」となり、

「高血圧」「動脈硬化」など血管の病気を引き起こし、

最終的には、「心筋梗塞」「脳溢血」といった死につながる重大な病に陥ってしまいます。

 

34473st

 

特に悪さをするのは悪玉コレステロール(LDL)で、

血管の内側に小さなキズがあると、そこにドンドン付着していきます。

そして、上の図のように血管を細くしてしまいます。

ようするに、これが高血圧や動脈硬化の原因となるわけです。

 

そうならないためにも、早めに血中コレステロールを下げるようにしなければなりません。

では、どうしたら血中コレステロールを下げることができるのでしょうか?

 

 

まずは、中性脂肪とコレステロールを知ろう

中性脂肪とコレステロール、

どちらも体の中の脂質の一種ですが、似ているようで性質や働きはそれぞれ違います。

コレステロールは主に体内で作られる脂質で、中性脂肪は食べたものから蓄えられる脂質です。

 

中性脂肪は、
食べ物により摂取した中の余分な脂質が肝臓に蓄えられるものです。

普段は蓄えられていて、栄養不足となった時にエネルギー源として使われます。

しかし、食べ過ぎなどで肝臓の機能を超えてしまうと、
皮下脂肪が増えたり、肝臓に溜まりだし脂肪肝になってしまいます。

kan-b

 

また、中性脂肪が増えるとLDL悪玉コレステロールを増やし、
HDL善玉コレステロールを減らしてしまうことも分かってきました。

 

コレステロールは、
糖質や脂肪酸を材料に肝臓などで作り出されるものです。

コレステロールには2つの種類があります。
それは、HDL(善玉コレステロール)とLDL(悪玉コレステロール)です。

g4311

LDLは、主に肝臓で合成され血中で運ばれ、体に大切な細胞膜やホルモンの合成に使われます。

HDLは、そのLDLを血中で運ぶ手助けをする役割をしています。

ですから、HDLが多い時はLDLをドンドン血中で運ぶので、
血液もサラサラで血管も体も健康的でいられます。

どちらも無くてはならないものですが、
LDLの増加は、さまざまな病気の原因となりますので特に注意が必要です。

 

 

改善すべきは、中性脂肪と悪玉コレステロール

LDL悪玉コレステロールの増加は動脈硬化の原因となります。

さらに、そこに中性脂肪が増えると動脈硬化のリスクはさらに高まります。

g4505

 

最初に説明したようにLDL悪玉コレステロールが多い場合、
血管壁にキズができるとそこにLDLが付着していきます。

そしてドンドンと血管を細くしていってしまいます。

 

しかも中性脂肪が多いとHDL善玉コレステロールの働きを妨げ、
そこに中性脂肪も溜まりだし、さらに血管を細くしてしまいます。

これが動脈硬化が起きる仕組みです。

 

このような血管の病気を起こさないためにも、
中性脂肪と血中コレステロールの改善がとても重要になってくるわけです。

 

 

血中コレステロールと中性脂肪を減らすには!

これまでの説明のとおり、
体質改善には、中性脂肪とLDL悪玉コレステロールを減らすことが重要です。

では、具体的にどうしたら血中コレステロールや中性脂肪を下げられるのでしょう?

 

◇血中コレステロール(LDL)を減らすには

実は、血中の悪玉コレステロール(LDL)を減らし、
善玉コレステロール(HDL)を増やす効果的な方法があります。

 

それはトマトをたくさん食べることです。

トマトにはリコピンという赤い色素の基となる成分を多く含んでいます。

そのリコピンが善玉コレステロールを増やす働きがあることが最近の研究で分かってきました。

497b4_s

できればトマトを1日2~3個食べると理想的ですが、現実的ではありませんよね。

そんな場合は、濃縮タイプのトマトジュースを飲むと良いでしょう。

 

 

◇血中中性脂肪を下げるには

まず、血中の中性脂肪を減らすために有効なの成分があります。

それは、EPADHAです。

これは、ご存知のとおり青魚によく含まれる成分で、血液をサラサラにするなんて言われますよね。

ヒト試験でも、このEPA・DHAは血中中性脂肪を減らす作用があると認められています。

ca362e_s

普段の食事内容を見直し、お魚を中心とした料理を食べるようにしましょう。

同じものでは飽きてしまうので、
煮魚、焼き魚、お刺身など色々とバリエーションを工夫してみてください。

 

 

もっと手軽に血中コレステロールを下げる方法

トマトも魚も毎日たくさん食べるのは大変!

もっと手軽にリコピンを摂りたい!

もっと手軽にEPA・DHAを摂りたい!

 

そんな方のためにオススメの方法があります。

それは、健康補助食品のサプリメントやドリンクです。

特に次の2つの商品は人気も高くオススメです。

 

血中コレステロールが気になる方に、豊富なリコピンが手軽に摂れる

「循環トマトJ」

栄養補助食品(サプリメント)

特許製法で栄養素を壊さないようにトマトの水溶成分を抽出。
1粒にトマト2個分の栄養素を凝縮。

>> ご購入はこちらから

 

中性脂肪を減らすために、EPA・DHAを手軽に摂れる

ニッスイの「イマークS」

トクホ(特定保健用食品)

青魚に含まれるサラサラ成分EPAとDHAが手軽に摂取できるドリンクタイプ。

1本にEPAとDHAが合わせて860mg含有。

厚生労働省が発表している1日の摂取量の約8割を摂取可能です。

>> ご購入はこちらから

 

まとめ

血中コレステロールを下げるには、毎日トマトを積極的に摂取して、

血中中性脂肪を下げるには、お魚中心の食事に切り替えることが大切です。

しかし、それがなかなかできないのが現実ではないでしょうか。

そういった方たちに栄養補助食品のサプリメントなどはとても便利です。

本来は食生活を改善することが理想ですが、分かっていてもできないのが実情でしょう。

食生活の改善が難しいと思われる人は、必要な成分をサプリメントなどで補いましょう。

リコピンやEPA・DHAといった成分を手軽に摂るためにも

サプリメントやドリンクはきっと強い味方になることでしょう。